NXEDGE STYLE [MS UNIT] ガンダムアストレイ レッドフレーム レビュー

「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY」の主役機「ガンダムアストレイ レッドフレーム」がネクスエッジスタイル第8弾にラインナップしました。

コンパクトながらも、全身にわたってディテールが作り込まれており、ネクスエッジスタイルならではのアレンジが元々情報量の多い「ガンダムアストレイ レッドフレーム」の個性を更に高めています。

日本刀型武器「ガーベラ・ストレート」が付属し、刀身部分にはメタリック塗装が施されています。

更に、突き刺し手首、平手首が付属し、様々な剣戟アクションを豊かに表現することが可能です。

アクションポーズを更に彩る汎用斬撃エフェクトパーツが付属し、専用支柱で自由な展示が可能です。

他の同シリーズ商品のエフェクトパーツとの組み合わせにより、シリーズ全体のプレイバリューを強化することが可能です。

玩具の紹介

2015年11月28日発売

パッケージ

※開封品のため、付属品の位置などが未開封品と異なる場合があります。

裏面には付属のエフェクトパーツを使用した迫力のある写真が掲載されています。

説明書

説明書はモノクロの紙1枚です。

全身

本体

やや等身高めのデフォルメ体系です。

ディテールが細かく造形されています。

日本刀「ガーベラ・ストレート」の鞘は1パーツで造形されており、内側からだとガーベラ・ストレートの刀身が見えます。

付属品

付属品です。

交換用左右手首×2、ガーベラ・ストレート、斬撃エフェクトパーツA(大)、斬撃エフェクトパーツA(小)、専用STAGE B一式

※斬撃エフェクトパーツA(小)は紛失してしまったため、この写真には含まれていません。

各部アップ

センサー部分はメタリックで塗装されています。

バックパックのビームサーベルは取り外しできません。

接地性はやや微妙です。

ギミック紹介

バックパックは接続ジョイントの向きを上下逆にすることで、下がっている状態を再現できます。

アクション

ガーベラ・ストレートを装備した状態。

付属のディスプレイスタンドを使用することで、空中でのポーズも可能です。

エフェクトパーツを使用することで戦闘シーンの雰囲気が出ます。

まとめ

・腰の接続軸

軸が短いため、胴体から外れやすいです。

触った印象としてはガシャポンの商品を豪華にしていったような感じです。

可動箇所は多いですが、可動範囲はあまり広くありません。

付属の台座はジョイントを外して角度を調整する必要があり、少し手間に感じました。

造形はなかなかシャープでかっこよく、交換用手首やエフェクトパーツが付属しているのも嬉しい点でした。

以上、「NXEDGE STYLE [MS UNIT] ガンダムアストレイ レッドフレーム」のレビューでした。
最後までレビューを見ていただきありがとうございました。

プレミアム バンダイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です