ガンプラ「HGUC No.98 FA-78-3 フルアーマーガンダム7号機」素組みレビュー

プレミアム バンダイ

今回紹介するガンプラは、HGUC第98弾としてラインアップされた「FA-78-3 フルアーマーガンダム7号機」です。

キットの紹介

PS3用ソフト「機動戦士ガンダム戦記」の主役機“フルアーマーガンダム7号機”がHGUCで早くも立体化!
外装の複雑な面構成から緻密なモールドまで精密に再現。
頭部はスライド成形により合わせ目のない一体成型。
ヒジ、ヒザには二重関節、股関節には前後スイング機構を採用。
抜群のプロポーションと広い可動域で様々なアクションシーンを再現可能。
テールバインダーは独立可動。

商品ページより

2009年9月発売
定価 1,650円

HGUC 1/144 フルアーマー ガンダム7号機

HGUC 1/144 フルアーマー ガンダム7号機

2,700円(10/27 10:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

パッケージ

説明書

シール

完成

全身

オーソドックスなガンダム顔に、全身に散りばめられた青い装甲と背面の大きなキャノンが特徴的。
フルアーマーの名称ですがそこまで重厚な印象はなく、高機動MSのスタイルをしています。

この機体にはフルアーマーガンダムやヘビーガンダムに続く3体目のFA-78ナンバーが与えられていましたが、一年戦争時にはロールアウトが間に合いませんでした。

バックパックに背部長距離ビーム・キャノンが直接接続され、リアアーマーにはテールスタビライザーを装備。
背面から見てもボリュームのある機体です。

武器装備

ビーム・ライフルとシールドを装備。
どちらも7号機専用の形状をしています。

付属品

付属品です。
ビーム・ライフル、シールド、交換用左右手首

各部アップ

頭部ヘルメットはよくある前後分割ではなく一体成型で、組み方はνガンダムなどと同じです。
背面に2本あるビーム・サーベルはバックパックと同じ成型色ですが取り外しが可能。

背面に装備が固まっていますが、後ろに重心がよることもなく安定した立ち方ができます。

足首の可動もよく、接地性は良好。

可動範囲

横方向の可動はなかなか優秀。
肩はボールジョイントになっており、よく動きます。

股下に穴が開いているのでアクションベースなどに取り付けることが可能です。

肘と膝も二重関節になっており、大きく曲がります。

膝立ちポーズは少し傾きますが可能です。

ギミック&アクション

ビーム・ライフル

ビーム・ライフルは比較的取り回しやすい形状をしています。
専用手首は無く、汎用手首にそのまま持たせます。

一年戦争当時のビーム・ライフルよりも射程や速射性が向上しているとのこと。

側面のグリップは可動し、両手で構えることができます。

ギミック1

シールドはジョイントの接続位置を変えることで持たせ方を変更可能。

十字マークも色分けされており見栄えはいいです。

背部長距離ビーム・キャノン

背部長距離ビーム・キャノン はバックパックを軸に可動します。
ポリキャップのボール接続なので左右方向にも多少調整が可能。

前方に向けた状態。
大きすぎず小さすぎず、程よいサイズのキャノンです。
開き手が左右分付属しているのでアクションに合わせた表情付けができます。

ビーム・サーベル

ビームサーベルの刃は付属していませんが、ビーム発振部に穴が開いているので刃のパーツを他キットから流用が可能です。
今回はHGUC No.191 RX-78-2ガンダムから拝借しました。

無改造で流用可能なのはありがたいですね。

まとめ

アニメには登場しないゲーム限定のマイナーな機体ですがキットの完成度はなかなかのものでした。
色分けもなかなか頑張っており、普通に組むだけでもカラフルな印象に仕上がっています。
フルアーマーの名を冠していますが可動も優秀で、様々なポージングが可能です。
付属品は最低限と行った感じですが、開き手が付属しているのは嬉しいポイント。
個人的にオススメしたいキットです。

以上、ガンプラ「HGUC No.98 FA-78-3 フルアーマーガンダム7号機」の素組みレビューでした。
最後までレビューを見ていただきありがとうございました。


HGUC 1/144 フルアーマー ガンダム7号機

HGUC 1/144 フルアーマー ガンダム7号機

2,700円(10/27 10:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

関連商品