メラミンスポンジでできる楽なつや消し

プレミアム バンダイ

何でスポンジ?

プラモデルの仕上げにはスプレー缶やエアブラシでつや消しする方も多数いるかと思います。

それも全然ありだと思います(特にこれ以上手を加えたりせずに作品として完成させる場合)

私も初めは缶やエアブラシでつや消ししていましたし、今でもそちらの方法を選ぶこともあります。

ここではメラミンスポンジのつや消しも一つの方法として知っていただければと思います。

特に成形色のまま仕上げる部分塗装派にオススメです。擦っていくと塗膜が削れていくので全塗装には向いていません(軽く擦るくらいなら問題なし)

オススメの理由

私がメラミンスポンジを使ったつや消しをおすすめする理由は大きくまとめて3つあります。

1:失敗リスクが少ない

トップコートは仕上がりが綺麗ですが、あくまで塗料なのでキットを動かしたりしているといずれ塗膜が剥がれます。

また、トップコートの塗装時に白化のリスクもあります。

トップコートをした後で、貼っていたマーキングシールが剥がれかけてきて見栄えが悪くなった経験はありませんか。しかもシール剥がした後にはトップコートの当たっていない面が出てきてしまいます。

トップコートはこういう時の手直しが難しいです。

対するメラミンスポンジは目の細かい紙やすりで擦っているようなものなので、白化のリスクはありません。塗膜もありませんし、表面に傷がついてももう一度スポンジで擦れば済むのです。

ただし塗装面の保護はできません。

2:低コスト

メラミンスポンジは100均で複数個まとめて売られていたりするので、つや消しトップコートの塗料ビンを1本買うよりも費用が安いです。

缶スプレータイプなんてもっと高いですよね。

スポンジキューブ1つで1/144のガンプラ1体分は余裕で賄えます。

メラミンスポンジでつや消し仕上げしたHG オリジン版ガンダム

3:いつでも手を加えられる

これが特に大きいと思います。

しばらくたった後に別キットの改造パーツとして使いたい時や、別の色で塗装をしたい時メラニンスポンジで仕上げているのであればすぐサーフェイサー処理や直接色を付けたりすることができます。

トップコートで仕上げていた場合、上に塗っていくと塗膜の厚みが増えますし、かといって表面の塗料を溶剤で落とすとなるとかなりの手間になります。

まああるよねデメリット

ありますねぇ!

ゴミが出る

使っていくとスポンジのカスが出ます。キットのパッケージを受け皿にして作業するのをオススメします。あと吸いすぎると体によくないかも。

完全にツヤが消えるわけではない

つや消しトップコートと比べると完全なつや消しにはなりません。半光沢よりはマシですが、少し光沢が残る場合があります。

まとめ

私はもともとスミ入れ→部分塗装→つや消しトップコートの簡単フィニッシュが多かったのですが、最後の工程がメラミンスポンジに変わることが増えました。

理由は上記にも書いた通りお手軽さと後からでも手を加えられるという安心感によるものでした。あと白化も嫌だったので……

スポンジで擦る前と後では見て分かるくらいには違いが出るので一度やってみてはどうでしょうか。安いですし!

プレミアム バンダイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です