【遊戯王のプラモデル】Figure-rise Standard Amplified 青眼の白龍 レビュー

今回のレビューは「Figure-rise Standard Amplified 青眼の白龍」です。

キットの紹介

『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』屈指の人気モンスター、ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴンがFigure-rise Standard Amplifiedシリーズにて立体化!
■プラモデル独自の新解釈デザインアレンジでキャラクターの魅力を“増幅”。
■成形色はメタリックブルーを採用し、キャラクターに宿る神秘的な魅力を最大限に引き出すことに成功。
■片翼だけで約265mmにもなる、巨大な両翼には関節軸を搭載。
■翼膜には軟質素材を使用。グラデーション印刷が施され、角度・ポージング等によりさまざまな色調変化を楽しむことができる。
■腕部、脚部の各関節には可動軸を採用。ドラゴンの独特なアウトラインを再現しつつ広域な可動を実現。
■首と尾は、節に合わせたパーツ分割とリード線の内蔵により、生命を感じさせるしなやかな動きを実現。“しなり”や“ひねり”の動きでもフォルムを崩さない。
■頭部は顎と舌の可動により、ポージング時の表情付けが可能。口内は成形色で色分け。
■ポージングの幅を広げる2種のディスプレイ用ジョイントパーツが付属。

商品ページより

2023年3月11日発売

定価 5,280円


Amazon

パッケージ

パッケージには青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)が描かれています。

「滅びのバーストストリーム!!!」

説明書

可動とプロポーションの両立がアピールされています。Figure-rise Standard Amplifiedシリーズなので青眼の白龍のデザインもアレンジが入っており、かなりエッジの効いた造形になっています。

完成

本体

ブルーアイズ自身も結構大きいのですが、翼のインパクトはそれを超えています。

うっすらと青みがかった外殻は光沢が強めの成形色で、より神秘的な印象に。

尻尾を使わずとも、2本の脚でしっかり自立します。

付属品

付属品

ディスプレイベース、ディスプレイ用ジョイントパーツ


各部アップ

頭部は分割線が目立たないようにパーツ構成が工夫されています。

逆に、胴体や翼などは左右で挟んでいるだけなので分割線が目立ちます。

「青眼の白龍」という名前の通り、青い目をしています。

遊戯王OCG初期の不気味なエイリアンっぽさもいい感じに再現されていると思いました。

一部の角には半クリアのパーツも使用されており、素材の違いが表現されています。

接地は爪で支えられており、見た目以上にバランスはいいです。

翼膜には軟質素材のシートが使用されており、光の当たる角度や奥にある物体によって色味が変化します。

翼にも複数の可動軸がありますがあまり大きくは動かせません。

取り付け前のシートパーツはこのようになっています。表と裏で質感が違うので、左右間違えないように注意。

アクション&ギミック

リード線を使った関節

首と尻尾の一部にはリード線が関節部に使用されています。細かな角度調整はできませんが、しならせることが可能です。

手足の可動

肘と膝はここまで曲げることが可能です。

伸ばした状態だとこんな感じ。

手首も動かせますが、指は固定です。

口の開閉

口と舌は可動します。口内は紫色です。

ディスプレイベースと接続

ディスプレイベース用のジョイントパーツは2種類付属しており、背部か腹部のパーツと差し替えます。

背部

背部にディスプレイベースを接続した場合はこのようになります。

正面から見たときにディスプレイベースが邪魔にならないので、羽ばたきポーズなどで使えます。

腹部

背部にディスプレイベースを接続した場合はこのようになります。

飛行ポーズはこちらが相性良さそうです。

比較:HG 1/144 ガンダムエアリアル

1/144スケールのガンダムエアリアルとの比較。

ブルーアイズはノンスケールですが、キットとしてのサイズ差はこんな感じです。翼によって余計大きく見えます。

まとめ

一部の関節構造にリード線を使ったり、クリアシートを使った翼の表現など、珍しいポイントもあってなかなか挑戦的なキットでもあると思いました。

デザインにアレンジが入っていますがちゃんとブルーアイズに見えますし、迫力のある造形に仕上がっていてとてもかっこいいです。

関節部はKPSが多用されていて、手足や首、尻尾の付け根にはボールジョイントのポリキャップが使用されています。

ブルーアイズ自身が細身なこともあってか、強度的に不安な部分があります。尖ったパーツも多いので、パーツの破損だけでなく怪我にも十分注意が必要です。

翼の付け根もKPSの棒軸接続なのですが、可動させる方向を間違えると軸が白化したり、最悪ねじ切れるか折れる可能性があるので気をつけてください。私は片方やらかして白化しました。

以上、「Figure-rise Standard Amplified 青眼の白龍」のレビューでした。
最後までレビューを見ていただきありがとうございました。


関連商品

バンダイ(BANDAI) PROPLICA デュエルディスク

バンダイ(BANDAI) PROPLICA デュエルディスク

99,800円(07/24 12:00時点)
Amazonの情報を掲載しています
遊戯王OCGデュエルモンスターズ SECRET UTILITY BOX

遊戯王OCGデュエルモンスターズ SECRET UTILITY BOX

2,500円(07/24 12:01時点)
Amazonの情報を掲載しています