HG 1/144 ハインドリー レビュー

今回紹介するガンプラは「機動戦士ガンダム 水星の魔女」に登場する機体から「HG 1/144 ハインドリー」です。
塗装なし、組み立て時にシールを使用しています。

キットの紹介

ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダム 水星の魔女』より、ハインドリーが商品化!
■挟み込みを避け、後はめ加工をメインとするパーツ構成により組み立てやすさに配慮。
■首・腰部のボールジョイントは空間を設けた構造で前後傾の姿勢にも対応。
■マッシブなフォルムに加え、回転可動を備えた全高ほどもある長さの専用武器を装備。
■左腕には専用シールドを保持。シールドは正面に向けられるようにアーム部分が可動。
■背部には3本のノズルで構成されたバックパックを装備、高い機動性能を有する。

商品ページより

2023年2月18日発売
定価 1,760円


パッケージ

説明書

シール

ホイルシールが付属。頭部や肩部、胸部に貼ります。

完成

本体

グラスレー社の標準OS「ハイン」を基幹とした汎用機群「ハインシリーズ」の最新型MS「ハインドリー」

かつてヴァナディース事変でガンダムタイプを制圧した戦闘特化型機「ハイングラ」の後継機でありつつも、本機は学園や民間企業で運用するためにパーツが調整されています。

武器装備

ビームハンドガンとランスを搭載したランタンシールドと、ラウンドシールドを装備した状態。

付属品

付属品

ランタンシールド、ラウンドシールド

各部アップ

頭部バイザーはクリアパープル成型で、内部にシールを貼っています。各部のシェルユニットが特徴的だったベギルベウやペギルベンテと違い、こちらは大部分が装甲で覆われています。

頭部のブレードアンテナの先端もシールで再現。

肩アーマーから覗いている紫の部分はシールで再現。パーツにディテールがあるので、シールを爪楊枝などで形に沿ってなぞってあげると馴染みます。

背面には3基のスラスターを搭載。ボールジョイントで接続されているので角度調整ができます。

独特な形状の脚部。接地面が小さいのでバランスをしっかり取らないと倒れてしまいます。

足首の可動自体は広いです。


可動範囲

開脚に定評のあるグラスレー社のMS。本機もその例に漏れずよく動きます。

肘と膝は二重関節ではありませんがここまで曲がります。

膝立ちポーズもこの通り。

股下の穴はアクションベースに接続可能。リアアーマーの穴も同様に使えそうです。

アクション&ギミック

ランタンシールド

小型のラウンドシールドにビームハンドガンとランスを組み込んだ携行装備。刺突と射撃を同時に行うことができるというなんともロマンのある武器です。

シールドと一体となっているランスの角度はポージングに合わせて調整できます。ランスの造形がただの棒なのでちょっと物足りない気もします。

ラウンドシールド

左手に装備しているのはラウンドシールドで、ランタンシールドよりも少し大き目の防御兵器です。

アームが可動するので前方へ向けることができます。

可動がいいので様々なポージングが決まります。地上戦が似合いそうなイメージです。

まとめ

アニメ1期では目立った活躍のなかった機体でしたが、いざプラモ化してみるとバトルアクションがかっこよく決まる良キットだと感じました。

付属品はシンプルなものの、特徴的なランタンシールドとラウンドシールドはハインドリーの騎士らしい外観に似合っていると思います。

以上、ガンプラ「HG 1/144 ハインドリー」のレビューでした。
最後までレビューを見ていただきありがとうございました。


関連商品

機動戦士ガンダム 水星の魔女 vol.1(特装限定版) [Blu-ray]

機動戦士ガンダム 水星の魔女 vol.1(特装限定版) [Blu-ray]

4,346円(05/25 22:08時点)
Amazonの情報を掲載しています