【1500円のガシャポン可動フィギュア】カプセルアクション RX-78-2ガンダム レビュー

今回のレビューは「機動戦士ガンダム CUPSULE ACTION RX-78-2ガンダム」です。ガシャポンで販売された1500円の半完成品可動フィギュアで、紙パッケージに入った店頭販売用も同時に発売されています。

玩具の紹介

プレミアムガシャポンにフル可動のモビルスーツが登場!
第1弾は「RX-78-2」。全高約90mmサイズながら様々なポージングが可能。
骨組みを透かすことで内部メカを想起させるメカニカルクリアver.もラインナップした全2種でお届けします。

商品ページより

2023年2月発売
定価 1,500円

機動戦士ガンダム CUPSULE ACTION RX-78‐2ガンダム 4個入りBOX

機動戦士ガンダム CUPSULE ACTION RX-78‐2ガンダム 4個入りBOX

6,280円(02/27 12:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

パッケージ

1500円のガシャポン商品なので大型の球体カプセルに入っています。

アソートはカラー版とメカニカルクリア版の2種。メカニカルクリア版にはカラー版に無いビーム・サーベルが追加で付属しています。

組み立て

今回はカラー版が出てきたのでこちらをレビューします。ニッパーもハサミもない外出先で組み立ててみました。

カプセルから取り出した状態。各部がほとんど組み上がっている状態で袋に分けられています。

開封して並べてみる。ボディやシールドは塗装で色分けされています。

手首とビーム・サーベルユニットはランナーにつながっていますが、簡単に手でもぎ取ることができました。

腿の内部フレームにあるL,Rの刻印で左右のパーツ判別が可能。

両肩にはタンポ印刷でマーキングが施されています。

本体の組み立てが完了しました。特に道具がなくても組み立てることができる仕様になっているのはいいですね。

ビーム・ライフルとシールドを装備。

ほかに開いた状態の手首とスタンド用ジョイントがあります。

説明書

説明書は片面カラーで、裏には注意書きが記載されています。

全身

本体

シルエットはいつもの見慣れたガンダムですが、最近のGフレームのようなディテールでまとめられています。

顔の左右ダクトが無塗装なのがちょっと寂しいですが、ほかは結構いい感じ。1/200スケール相当のモデルでここまでカラー再現しているのはすごいです。

背面。黄色い部分は塗装で再現されており、後ろ側もしっかり色分けされています。

武器装備

ビーム・ライフルとシールドを装備した状態。ビーム・ライフルのスコープまで塗り分けられているのは意外でした。装備の形状にもアレンジが若干入っています。

シールドのグリップは後側から手に差し込みます。ビーム・サーベルの柄は別パーツですがビーム刃はなし。

付属品

付属品

ビーム・ライフル、シールド、交換用左右手首、スタンド用ジョイント

各部アップ

フェイス部分の塗装も気合が入っています。他にもフロントアーマーのV字部分など、食玩では省略されがちな箇所までしっかり色分けされています。肩のマーキングもいいアクセントになっています。

フロントアーマーは左右独立して可動します。

接地性もいい感じ。

機動戦士ガンダム CUPSULE ACTION RX-78‐2ガンダム 4個入りBOX

機動戦士ガンダム CUPSULE ACTION RX-78‐2ガンダム 4個入りBOX

6,280円(02/27 12:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

可動域

肘と膝は二重関節です。

膝立ちも可能。

カプセル開封時には半完成品でしたが、ここからさらに分解することも可能です。塗装などで手を加えたい人にとってはありがたい仕様ですが、動かしている時に何度か足首が抜けたので可動に関係しない部分は接着してしまってもいいかも。

手首パーツの交換には腕の内側を一度外して付ける必要があります。

アクション&ギミック

本体アクション

頭部もボールジョイントで可動します。ツインカメラはゴールドで塗装されていました。

平手の使い心地はHGUCのREVIVE版と似た感じです。

足裏は独特な造形になっています。スタンド用ジョイントを股下の窪みに差し込むことで食玩ベースやアクションベースに接続することができます。

ビーム・ライフル

ビーム・ライフルはトリガー部分まで造形されていますが、手の形状的に奥まで入らないのでトリガーガードの底面は欠けていても良かった気がします。特にギミック等はありません。

スコープが黄色で塗られているので見栄えは良いです。

肩の可動もいいのでラストシューティングポーズが自然に決まります。

比較:食玩 Gフレーム第3弾 RX-78-2 ガンダム

Gフレームのガンダムとの比較。当時のGフレームは約1,000円でMS1機が完成する商品でした。

Gフレーム版は上腕や腿の可動フレームが背面から見えてしまうので見た目がよろしくなかったのですが、カプセルアクション版はそういった不満点はなし。

リアアーマーやビーム・サーベルといった細かい部分を見ていくと、カプセルアクション版の色分けはかなり頑張っているのがよく分かります。

比較:HG 1/144 ガンダムエアリアル

REVIVE版がすぐ出てこなかったのでHG ガンダムエアリアルを並べてみました。1/144スケールのガンダム系と比べるとサイズ差はこんな感じです。

まとめ

1500円のガシャポンというと高く感じますが、実際購入して遊んでみると出来自体はそこそこだなと思いました。ただ適正価格は1000円くらいな気がします。

今後もシリーズが続くかどうかは分かりませんが、クリアカラーはいらないと思うので廃止して欲しいです。リアルタイプカラーやG3ガンダムならバリエーションとして集めたくなるのですが。

道具なしで簡単に組み立てることができたので、旅行先で買って遊ぶとかならいい商品だと思います。

以上、「機動戦士ガンダム CUPSULE ACTION RX-78-2ガンダム」のレビューでした。
最後までレビューを見ていただきありがとうございました。

機動戦士ガンダム CUPSULE ACTION RX-78‐2ガンダム 4個入りBOX

機動戦士ガンダム CUPSULE ACTION RX-78‐2ガンダム 4個入りBOX

6,280円(02/27 12:51時点)
Amazonの情報を掲載しています