ガンプラ「HGUC No.116 MSN-06S シナンジュ」素組みレビュー

今回紹介するガンプラは、HGUC第116弾としてラインアップされた「MSN-06S シナンジュ」です。

キットの紹介

■機動戦士ガンダムUCからシナンジュをHGでリリース。
■シナンジュの特徴である各部スラスターの可動を再現。
■複雑なエングレービングも再現。
■豊富な武器パーツで、組替により劇中仕様を再現可能。

商品ページより

2010年10月発売
定価 2,860円

パッケージ

説明書

シール

エングレービングを再現するためにシールはかなり多めとなっています。

完成

全身

赤い彗星”シャア・アズナブルの再来”と呼ばれるフル・フロンタルが搭乗するネオ・ジオン残党軍のMS。
各部にバーニアが配置されており、いかにも高機動機らしい見た目です。
武器持ち用とは別に、握り拳が付属しています。

動力パイプは軟質パーツではありませんが、可動に支障がないように設計されています。
流線的なフォルムが美しい。

翼のような形状のフレキシブル・スラスターは角度を調整可能。
2本のプロペラント・タンクもボールジョイント接続となっており向きを微調整できます。

武器装備

ビーム・ライフルとシールドを装備。
シールドは肩のスパイクアーマーに干渉しやすいので注意。

付属品

付属品です。
ビーム・ライフル、グレネード・ランチャー、ビーム・アックス×2、シールド用ビーム・アックス×2、ビーム・ライフル用接続パーツ、交換用右手首×2、交換用左手首、シールド、ビーム・サーベル×2,ビーム・サーベルの刃×2、ビーム・アックスの刃 大×2、ビーム・アックスの刃 小×2

なかなかのボリュームです。

各部アップ

接地性もそこそこ。
バックパックの荷重で本体が傾く心配もありません。

可動範囲

この頃のHGとしては十分な可動範囲を持っています。

膝立ちポーズも可能。

ギミック&アクション

フレキシブル・スラスター

バックパックに接続されているフレキシブル・スラスターは上下のパーツが展開できます。

脚部のスラスターも角度を調節可能。

後ろから見るとバーニアの数に驚かされます。

ビーム・ライフル

シナンジュのメインウェポンであるビーム・ライフル。
銃身は長めです。

ビーム・ライフルの下部にグレネード・ランチャーを装備することが可能です。
ライフルのグリップ部にあるカバーを一度開いて、挟み込むようにしてグレネード・ランチャーを取り付けます。

ジョイントパーツを使うことでリアアーマーにビーム・ライフルをマウントすることが可能。
マウント時はスコープを取り外さないといけません。

シールド

シールドは取り付け位置を腕の肘か側面で選択可能。

シールドの裏面にグレネード・ランチャーとビーム・アックスを取り付けることができます。
ビーム・アックスは手持ち用とシールド用で形状が異なります。

ビーム・アックス

近接武器のビーム・アックスを装備。
シナンジュのビームエフェクトパーツはクリアイエローで成型されています。

ビーム・アックスは2本を連結させることが可能。
この状態ではビーム・ナギナタとして使用されます。

ビーム・アックスをシールドの下方へ向けて取り付けると、格納したまま武器として使用した状態を再現できます。

ビーム・サーベル

ビーム・サーベルも2本付属。
ビームエフェクトは波打った形状となっています。

ユニコーンガンダムとの対決。

まとめ

ユニコーンガンダムなどと比較すると定価に割高感はありますが、なかなかボリュームのあるキットでした。
残念ながらもうひとつの主兵装であるバズーカは付属していませんが、「HGUC 1/144 No.217 MSN-06S-2 シナンジュ・スタイン(ナラティブVer.)」から流用が可能です。

造形はよく出来ていると思います。とてもかっこいい。

以上、ガンプラ「HGUC No.116 MSN-06S シナンジュ」の素組みレビューでした。
最後までレビューを見ていただきありがとうございました。


関連商品

機動戦士ガンダムUC Blu-ray BOX

機動戦士ガンダムUC Blu-ray BOX

15,300円(12/08 15:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
プレミアム バンダイ