ガンプラ「HGUC No.45 MS-14JG ゲルググJ」素組みレビュー

今回紹介するガンプラは、HGUC第45弾としてラインアップされたゲルググの狙撃用途仕様機「MS-14JG ゲルググJ」です。

キットの紹介

2004年4月発売

OVAシリーズ「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」に登場する量産型MSの狙撃用途仕様機である“MS-14JG ゲルググJ(イェーガー)”を、カトキハジメによってリニューアルされたデザインを基に1/144スケールでリアルに3D化したプラスチックモデル組立キット。
■ゲルググ特有のグラマラスなプロポーションはもとより、脚部及びリアスカート内部等に多数装備されたスラスターや機体各部の精密なディテールをあます事なくリアルに再現。
■ビーム・マシンガンを両手で構える事が可能な左手首パーツや、ランドセルに着脱可能なプロペラントタンクに加え、各関節部のフレキシブルな可動により、劇中の戦闘シーンをよりリアルにイメージさせるアクションポーズを再現することが可能。
■主武装であるビームマシンガンと専用握り手をセット。
■マーキングシールと詳細な解説書付き。

商品ページより

パッケージ

説明書

シール

マーキングとモノアイ周りの黒い部分がシールになっています。

完成

全身

「機動戦士ガンダム」のゲルググとデザインが異なりますが、色はシャア専用ゲルググに似ています。
通常の右手首が付属していないため、大型ビーム・マシンガン用の持ち手を使用しています。

手を加えた箇所は、頭部とバックパックのアンテナのフラッグカットです。

背面はあちこちにスラスターがあります。
バックパックの横にはプロペラントタンクが装備されています。
ちなみにプロペラントタンクはバックパックではなく、本体の背中にある穴に取り付けます。

武器装備

大型ビーム・マシンガンを装備した状態。
長身の銃ですが片手でもしっかり保持できます。
二脚は銃身と一体成型になっており可動しません。

付属品

付属品です。

大型ビーム・マシンガン、交換用左手首

各部アップ

モノアイにはクリアピンクのパーツが使用されています。

バックパックには姿勢制御用スラスターと、レーザー通信用アンテナが取り付けられています。

可動範囲

横方向への可動範囲。
肩が干渉するので腕は大きく開けません。

肘と膝の可動は60度くらいです。
フロントアーマーは手を加えずに左右独立可動します。

肘は逆方向へも曲がります。

膝立ちはかなり厳しいです。

ギミック&アクション

大型ビーム・マシンガンを装備。
専用の左手首を使用することで両手で構えることが可能です。

大型ビーム・マシンガン
通常のビーム・ライフルより威力が増している。パルス状のビームを連射する事が可能で、貫通力より破壊力を優先している。単発の場合は長距離射撃でもビームの運動エネルギーが減衰しにくいため、目標を高精度で破壊可能。照準器も破格の精度を誇る。

「ゲルググJ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』 2020年7月29日 (水) 09:28 UTC

スカートや脚部の裏にもスラスターが装備されています。

腕にはビーム・スポットガンという牽制用の武装が付いています。

ビーム・スポットガン
両腕部に装備される。開発途上の装備であり、威嚇または牽制程度の威力しかないが、至近距離では敵に致命傷を与える事も可能。
「ギレンの野望」シリーズなど一部ゲームではゲルググMと同じ110mm速射砲として扱われていることがある。

「ゲルググJ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』 2020年7月29日 (水) 09:28 UTC

まとめ

付属品が必要最低限になっていますが、その代わりに価格がかなり抑えられていると感じました。
可動はやや厳しい部分もありますが、大型ビーム・マシンガンを構えることは問題なく可能です。
モノアイの周りもボディと同じ赤い成形色なので、この部分を塗装するとさらにかっこよくなると思います。
バックパックのアンテナは細いので折らないように注意です。

以上、ガンプラ「HGUC No.45 MS-14JG ゲルググJ」の素組みレビューでした。
最後までレビューを見ていただきありがとうございました。


関連商品


プレミアム バンダイ