METAMOR-FORCE“BARI”ATION 超重神グラヴィオンZwei ソルグラヴィオン グランカイザー レビュー

プレミアム バンダイ

「千値練」から発売された「METAMOR-FORCE“BARI”ATION 超重神グラヴィオンZwei ソルグラヴィオン」を紹介します。
グランカイザーがGeoミラージュ、Geoジャベリン、Geoキャリバー、Geoスティンガーの4機のソルグランディーヴァと「炎皇合神」するギミックを搭載しており、遊び要素が盛りだくさんなのでまずは「グランカイザー」からレビューしていきます。

玩具の紹介

2020年7月18日発売
定価 47,080円

パッケージ

パッケージは前回のゴッドグラヴィオンに続いて、大張正己氏によるソルグラヴィオンが描き下ろされています。

裏面には写真によってギミックやポージング例が紹介されています。

説明書

説明書はフルカラーの中綴じ冊子です。

合神手順やギミックが写真で解説されています。

全身

本体

ソルグラヴィオンの中核となるロボット「グランカイザー」

ゴッドグラヴィオンに付属していたものと同じですが、一部がアップデートされています。
ゴッドグラヴィオンとソルグラヴィオンではそれぞれ頭部のデザインが異なりますが、合神自体の互換性はあります。

付属品

Gグラディウス形態用のGeoミラージュが別で付属しています。

各部アップ

額のグリーンの球体はクリアパーツ、ツインアイはメタリック塗装です。

ゴッドグラヴィオン版から変更点として、眉の部分にグレーで塗装が追加されています。
これによってキリっとした表情になりました。

胸部、腰部、脚部などに合金パーツが使用されており、それなりに重量感があります。

前回同様、塗装もかなりきれいです。

接地性も十分です。
ただし、接地面積が少ないので前後に倒れないように気をつける必要があります。

アクション&ギミック

可動範囲やギミックに関してはゴッドグラヴィオン版と同じですので、そちらを参考にしてください。

ゴッドグラヴィオン版 グランカイザーのレビューはこちら

比較

ソルグラヴィオン版(左)、ゴッドグラヴィオン版(右)

塗装の変更点として、眉部分に塗装が追加されたのと、肩の付け根のグレーの塗装がオミットされています。

後ろ姿の差異はおそらくありません。

ソルグラヴィオン版(左)、ゴッドグラヴィオン版(右)

ジョイントの軸の肘側に凸が追加されたことによって、腕のパーツの保持力が向上しました。
また二の腕部分も抜けにくくなっています。

まとめ

造形や塗装精度はそのままに、ゴッドグラヴィオン版の不満点だった腕の外れやすさが改善されたアップデートモデルとなっています。

顔のデザインが異なるのでそのままゴッドグラヴィオンに流用すると矛盾が出てしまいますが、合神も一応可能です。

関節がゴッドグラヴィオン版よりも少し渋めに調整されているように感じました。

可動範囲は特に変更ありません。

以上、「METAMOR-FORCE“BARI”ATION 超重神グラヴィオンZwei ソルグラヴィオン グランカイザー」のレビューでした。
最後までレビューを見ていただきありがとうございました。

ソルグランディーヴァのレビューへ

関連商品