METAMOR-FORCE“BARI”ATION 超重神グラヴィオン ゴッドグラヴィオン レビュー

プレミアム バンダイ

「千値練」から発売された「METAMOR-FORCE “BARI”ATION 超重神 グラヴィオン ゴッドグラヴィオン」を紹介します。
グランカイザーがGアタッカー、Gストライカー、Gドリラー、Gシャドウの4機のグランディーヴァと「超重合神」するギミックを搭載しており、今回は合神後の姿である「ゴッドグラヴィオン」をレビューしていきます。

グランカイザーのレビューはこちら

グランディーヴァのレビューはこちら

玩具の紹介

2018年8月30日発売

全身

本体

グランカイザーと、4機のグランディーヴァが合神し「ゴッドグラヴィオン」になります。

各部に使用された合金によって非常に重量感があり、ゴッドグラヴィオンのパワフルなプロポーションとマッチしています。

背面もきれいにまとまっています。

付属品

付属品です。
各武器に合わせた交換用手首が用意されています。
頭部の角は合神時に使用されます。

各部アップ

顔の造形はグランカイザーに非常によく似ていますが、顎の出っ張りが強調された形状になっています。

各部の金の塗装がいいアクセントになっています。

接地性も良好です。
グランカイザーよりも接地面が広いので、安定して立たせることができます。

アクション&ギミック

グラヴィトンプレッシャーパンチ!

腕は、肘から下で取り外し可能です。
やりすぎるとそのうち抜けやすくなってしまいそうな気もしますが。

ドリルを展開することで、グラヴィトントルネードパンチも再現可能です。

パンチ時に展開されるつま先のギミックも再現されています。
踵のバンカーはさすがに再現されませんでした。

グラヴィティクレッセントを再現するときは、Gシャドウのパーツを取り外してエフェクトパーツを取り付けます。

専用の手首でしっかりと持たせることができます。

グラヴィトンライフルは2丁付属しています。

このように両手で持たせることが可能です。

ギミックはありませんが、銃身が長いのでかなりの迫力があります。

胸のエンブレムを外して、グラヴィトンソードが完成します。

専用のフェイスマスクを取り付けることで、超重剣の使用時を再現可能です。

奥にあるのが超重剣です。
超重剣はグラヴィトンソードよりも大きいです。

グラヴィトンソードのように柄頭が外れないので、持たせるときには指を曲げて柄を握らせる必要があります。

両手で持たせて迫力満点です。

まとめ

とにかく見た目がカッコイイ!

合神の再現、メリハリのついたプロポーション、豊富な付属品によってかなり満足度の高い内容となっています。

グランカイザー時もそうでしたが、肩がほとんど動かないので可動にかなり制限があり、ポージングが難しいです。

超重剣用のフェイスマスクがしっかり固定できず、ポージング中かなりの頻度で外れました。

以上、「METAMOR-FORCE“BARI”ATION 超重神グラヴィオン ゴッドグラヴィオン」のレビューでした。
最後までレビューを見ていただきありがとうございました。

関連商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です