モールドを彫ろうぜ!wave HGマイクロチゼル(0.15mm)のレビュー

プレミアム バンダイ

チゼルとはどんな効果だ?いつ発動する?

BMCのタガネがなかなか入荷しないので、それ待ちの代用品として買ってみました。

モールド彫るのに有名な工具としてよく上げられるBMCのタガネですが、じゃあこのチゼルってのは何だろうか?

タガネを英訳したらChiselになった。

役割は同じということでOK?

HGマイクロチゼルは素材がハイス(高速度鋼)で、BMCのタガネは刃がタングステン鋼なのでこの点は異なる。

さて、このwave HGマイクロチゼル 刃幅は0.15mmです。

他にも種類はありますが、1/144や1/100スケールのガンプラでは0.1mm~0.2mmあたりをよく使うらしいのでその真ん中を選びました。

開封

これが刃です。

これだけでも使えないことはない……かもしれないですが、専用のグリップに装着します。

専用グリップへ取付

全体

装着したらこんな感じです。

刻印

刃幅が刻印されているので刃が混ざってもすぐ分かりますね。

使い方

パッケージの裏面には装着方法や彫る方向、角度などについて書かれています。

とりあえず手前に引けってことですね。

浅いモールドの修正

修正前

HG オリジン版ガンダムのモールドが浅くてスミ入れがちゃんと入らなかった後頭部を修正してみます。

念のためシールも剥がします。

修正後

ちょっとはみ出たし彫りすぎた感もありますが、スミ入れがしっかり入ったので彫りが深くなったことが分かります。

この辺は数をこなしていけばきれいにできるんじゃないかなと思います。あと、こういう囲う系は難しいことが判明。

まとめ

チゼル(タガネ)を使ったのは初めてですが、ニードルよりは使いやすい印象でした。

BMCのタガネは触ったことがないので性能が未知数ですが、このマイクロチゼルも全然悪くないツールだと思います。

専用グリップはあった方がいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です