トランスフォーマーガム DX合体セット ゴッドジンライセット レビュー

2011年に発売された「トランスフォーマー ガム 第3弾」にナインナップされている「スーパージンライ」と「ゴッドボンバー」が一部塗装済み・メタリック仕様となって復活しました。

さらにシールもメッキ調に変更されています。

スーパージンライとゴッドボンバーを合体させることで「ゴッドジンライ」が完成します。

玩具の紹介

2016年11月8日発売

※開封品のため、付属品の位置などが未開封品と異なる場合があります。

スーパージンライ

ビークルモード

付属のシールをすべて使用して組み立てました。

ロボットモード

放映当時の玩具準拠でロボットモードへの変形を見事に再現されています。

ジンライ単体の変形や基地モードへの変形は省略されています。

背中のシールはモールドがあるのでそれに沿ってシールに凹凸を付けることで立体感が出せます。

ゴッドボンバー

ビークルモード

設定どおりではありますが、ビークルモードは何とも言えない支援メカです。

ロボットモード

分解して組み直すことでロボットモードへ変形します。

こちらも放映当時の玩具準拠です。

合体

2体はビークルモード時に連結させることが可能です。

繋げると結構長くなります。

ゴッドジンライへの合体準備。

スーパージンライをベースに、ゴッドボンバーのパーツを取り付けていきます。

ゴッドジンライ

全体的にボリュームがアップしました。

ゲタを履いているので身長も少し大きくなります。

まとめ

簡略化されている箇所も多いですが、見事に合体できました。

メタリックシールの存在もあってか、当時の玩具の雰囲気がより再現されているように思えます。

以上、「トランスフォーマーガム DX合体セット ゴッドジンライセット」のレビューでした。
最後までレビューを見ていただきありがとうございました。

プレミアム バンダイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です