トランスフォーマー ムービー AD02 クラシックオプティマス プライム レビュー

実写映画「トランスフォーマー」の世界を完全変形アクションフィギュアで再現した「ムービーアドバンスドシリーズ」より、2014年夏公開の映画「トランスフォーマー/ロストエイジ」に登場する姿のオプティマスプライムが登場しました。

初代アニメのコンボイを連想させるトラックからロボットに変形し、新しい武器1点が付属し、カラーリングは、日本オリジナルの塗装を多数施した豪華仕様となっています。

玩具の紹介

2014年5月16日発売

パッケージ

※開封品のため、付属品の位置などが未開封品と異なる場合があります。

パッケージの見本写真は海外版仕様なのでカラーリングが異なります。

説明書

説明書は両面印刷となっています。

こちらも商品画像が海外版仕様のためカラーリングが異なります。

全身

ビークルモード

通常

G1(初代アニメ)のコンボイを彷彿とさせるトラックです。

武装あり

武器を車体上部に取り付けることが可能です。

また、後方にも取り付けることができます。

トランスフォーム!

ロボットモード

通常

ロストエイジ序盤のオプティマスプライムの姿です。

武装あり

付属品

付属品は武器と弾です。

各部アップ

オプティマスプライムの顔はマスクオフ状態となっています。

肩にはファイヤーパターンのプリントが施されています。

後ろ姿はすっきりしており、ガワ感もあまりありません。

武器はグリップの下側にある棒軸を手に持たせます。

持たせた際にトリガーがかなり上の方にある見た目になるのが気になります。

接地性もそこそこ良い感じです。

ギミック紹介

弾を入れた状態。

上の突起を押し込むことでスプリングによる発射が可能です。

アクション

膝立ちも可能です。

頭はボールジョイントが2か所あり自由に動かせます。

まとめ

トラックの前部分がロボットモードの上半身を構成しているのですが、特にここの変形ギミックが非常によくできています。

パーツ同士のロック機構もしっかりしていて、動かすときもストレスになりません。

ロボットモードの可動範囲は広く、様々なポーズを付けることができます。

付属の武器は「DD01 メガトロン」と連動しており、そちらに持たせることも可能です。

後に変形ギミックを受け継いだ拡大版である「レジェンダリー オプティマスプライム」や、塗装パターンとマスク部分を変更した「MB-01 オプティマスプライム」が発売されたことからも、この商品の出来の良さが分かります。

以上、「トランスフォーマー ムービー AD02 クラシックオプティマス プライム」のレビューでした。
最後までレビューを見ていただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です