トランスフォーマー ムービーアドバンスドシリーズ AD31 アーマーナイトオプティマスプライム レビュー

実写映画「トランスフォーマー」の世界を完全変形アクションフィギュアで再現した「ムービーアドバンスドシリーズ」より、主人公オプティマスのパワーアップ形態「アーマーナイトオプティマスプライム」が登場しました。

「AD01オプティマスプライム」をベースに武器・頭部・ボディパーツが新規造型され、頭部のマスクオン・オフが切り替えが可能です。

武器パーツも劇中により忠実になり、塗装はオリジナルの超豪華仕様となっています。

玩具の紹介

2014年11月15日発売

パッケージ

※開封品のため、付属品の位置などが未開封品と異なる場合があります。

剣を下に向けて持っている状態で梱包されていました。

説明書

説明書は両面印刷されています。

動かす場所に色が付けられているので分かりやすいです。

全身

ビークルモード

通常

各所にメッキパーツが使用されており美しい見た目になっています。

特徴的なファイヤーパターンもきれいに施されています。

武装あり

付属品のテメノスソード(剣)とセンチネルシールド(盾)を車体に取り付けることが可能です。

センチネルシールドは後方に取り付けます。

テメノスソードは車体裏に取り付けます。

トランスフォーム!

パーツが大きいこともあり、変形はそこまで難しくありません。

ロボットモード

通常

サイズはリーダークラス相当で、大きいです。

胸周りは完全にダミーパーツです。

巨大なルーフ(肩のカバー)と背負いものが

武装あり

テメノスソードを背負い、センチネルシールドを持たせた状態。

付属品

付属品はテメノスソードとセンチネルシールドのみです、

各部アップ

顔の造形が細かく、質感もいい感じです。

接地性は普通に立っている分には問題がないといった感じです。

ギミック紹介

このオプティマスプライムには顔の交換ギミックがあります。

顔部分を上に持ち上げて前後回転させます。

ちょっとした変化ですが、マスクオフの状態に変わりました。

アクション

各部が干渉してしまいますが、ある程度動かすことが可能です。

腰のフロントアーマーは上半身、サイドアーマーは背負いものと接続されているため、腰を回転させると少し不自然な印象になります。

まとめ

変形難易度は低めで、パーツが一つ一つが大きく扱いやすいです。

全身がクリック関節になっておりポーズの固定はバッチリ可能ですが、微妙な調整が難しくなっています。

背負いものによってプロポーションが多少犠牲になっており、パーツの干渉により下半身の可動範囲にも影響があります。

メタリック塗装が非常に綺麗で、かなりかっこいいです。

顔の交換ギミックは、後の「MPM オプティマスプライム」にも受け継がれるいいギミックだと思いました。

背負いものが気になる方は後発の「TLK-15 キャリバーオプティマスプライム」もおすすめします。

こちらは塗装が変更されており、テメノスソードの刀身がシルバーになっていたりと劇中イメージにより近くなっています。

以上、「トランスフォーマー ムービーアドバンスドシリーズ AD31 アーマーナイトオプティマスプライム」のレビューでした。
最後までレビューを見ていただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です