ミニアクションシリーズ 超電磁ロボ コン・バトラーV レビュー

プレミアム バンダイ

リーズナブルな価格が魅力なミニアクションシリーズにコン・バトラーVが登場しました。

ミニサイズながら劇中の合体を再現し、アクションポーズもバッチリ決まります。

5機のバトルマシン「バトルジェット・バトルクラッシャー・バトルタンク・バトルマリン・バトルクラフト」がコンバインし、コン・バトラーⅤに合体します。

ハンドパーツやツインランサーが付属しプレイバリューも満点です。

玩具の紹介

2019年9月28日発売

パッケージ

5機のメカが合体してロボットになります。

ACTION TOYSは海外のメーカーで、国内ではアート・ストームが販売しています。

多くを語らず写真で内容を伝えてくるシンプルなパッケージです。

説明書

説明書はモノクロですが合体機構はそこまで複雑ではないのでこれで十分でした。

分離時に関する注意書きも付属していました。

この部分は気を付けた方がよさそうです。

バトルマシン

コン・バトラーVは5機のバトルマシンで構成されています。

それぞれのコクピットのキャノピー部分にはクリアパーツが使用されています。

バトルジェット

コン・バトラーVの頭部になります。

5機のバトルマシンの中では一番小さいです。

バトルクラッシャー

コン・バトラーVの胸と両腕になります。

車輪やブースターが造形されている補助パーツを左右に取り付けます。

バトルタンク

コンバ・バトラーVの腹部になります。

前方にある2基のアームは可動しますが、小さな棒軸で接続されているだけなので外れやすい部分でもあります。

後方のアンテナは軟質パーツです。

バトルマリン

コン・バトラーVの両脚部になります。

バトルクラフト

コン・バトラーVの両足になります。

ドリルは収納式になっており、意外と鋭い造形です。

合体

5機のバトルマシンを変形させて、コン・バトラーVに合体させます。

バトルクラッシャーの補助パーツはここで外します。

非常にきれいに収まっています。

全身

本体

このミニアクションシリーズは合体後も様々なポーズをとらせることが可能です。

立ち姿もこのように腕や足を広げるだけで様変わりします。

付属品

※開封品のため、付属品の位置などが未開封品と異なる場合があります。

付属品です。

左右手首×3、ツインランサー×2、ツインランサー(連結状態)用の柄、バトルクラッシャーの補助パーツ左右

各部アップ

成形色の部分も多いですが、各部にシルバーの塗装が施されており、ある程度の質感は表現されています。

各バトルマシンはがっちり接続されている部分もあれば、かなり大雑把に接続されている箇所もあります。

特にバトルクラッシャーとバトルタンクはツメで引っかけて接続しますが外れやすいです。

ハンドパーツは軟質パーツでできており、付け根はボールジョイントになっています。

足回り。

内側にロール可能で、自然な立ち姿を作ることができます。

ギミック紹介

フロントスカートの部分は上にあげることが可能で、少しだけ大腿部の可動範囲が広がります。

アクション

肘はバトルクラッシャーの変形ギミックを利用することで二重関節のように動かせます。

膝関節は90度が限界です。

両肩に収納されている短槍「ツインランサー」を持たせた状態。

柄のパーツを交換することでツインランサーをつなぎ合わせた状態にすることが可能です。

グランダッシャー

説明書には記載されていませんが、簡易的ながらもグランダッシャーに変形可能です。

バトルタンクのキャタピラはほかのパーツと干渉して地面まで届きません。

まとめ

質感に安っぽさがありますが、可動の構造はとてもよく考えられています。

接続に関しては甘い部分もあり、バトルタンクのアームが外れやすいのと、合体時にバトルクラッシャーがバトルタンクから外れやすいところが気になりました。

超合金魂のコン・バトラーVをコストダウンしていったような感じでした。

サイズと価格が抑えられていて、合体分離できるスーパーロボットのコレクションアイテムとしてピッタリだと思います。

交換用手首やツインランサーも付属しており遊びの幅も広がります。

超電磁ヨーヨーが付属していなかったのがちょっとだけ残念でした。

以上、「ミニアクションシリーズ 超電磁ロボ コン・バトラーV」のレビューでした。
最後までレビューを見ていただきありがとうございました。

プレミアム バンダイ