S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダークウガ ライジングマイティ レビュー

S.H.Figuarts 真骨彫製法シリーズに仮面ライダークウガが雷の力で強化された姿、ライジングマイティが登場しました。

劇中フォルムの印象をそのままに、脚部のアンクレットやベルト、腕部のパーツが新規に造形されています。

特徴的な古代文字も細かく彫り込まれており、劇中と見まごうほどのクオリティで再現されています。

玩具の紹介

2016年6月17日発売

[itemlink post_id=”1770″]

パッケージ

※開封品のため、付属品の位置などが未開封品と異なる場合があります。

裏面にはアクションポーズの見本画像が掲載されています。

説明書

説明書はモノクロの紙1枚です。

全身

本体

付属品

付属品です。
マイティフォームから持ち手パーツが新たに追加されました。

交換用右手首×5、交換用左手首×4

各部アップ

電気ショックを受けたことがきっかけで変身できるようになったマイティフォームの強化形態。
手の甲には「炎」を意味する超古代文字が刻まれています。
変身ベルト「アークル」は「ライジングアークル」へと変更されています。
マイティフォーム同様に精密な塗装が施されています。
足回り。
新たに追加されたマイティアンクレットは特に可動の妨げにならず、接地性も良好です。

アクション

マイティフォームと同じ感覚で動かせます。
ライジングマイティキック。

マイティフォームとの比較

マイティフォームをさらに派手にしたようなカラーで、一部のパーツが変更、または追加されています。
可動範囲も基本的に同じですが、開脚できる範囲がマイティフォームより広くなっています。
大腿部のロール可能な範囲も少し増えていました。

まとめ

外見に鮮やかな金色が加わり、さらに華やかな印象になりました。

マイティフォーム同様に可動範囲も申し分なしです。

胸部アーマーの赤の塗装方法が少し変更されているような気がします(メタリック感がアップしたような)

開脚の範囲も少し広くなっており、一部アップデートされているように感じました。

劇中ではマイティフォームと比べると活躍期間が短かった形態ですが、ライジングマイティの特徴と魅力を余すところなく再現できていると思います。

以上、「S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダークウガ ライジングマイティ」のレビューでした。
最後までレビューを見ていただきありがとうございました。

[itemlink post_id=”1770″]

投稿は見つかりませんでした

プレミアム バンダイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です