HGCE 1/144 フォースインパルスガンダム レビュー

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』より、「フォースインパルスガンダム」が最新フォーマットで“新生‐REVIVE‐”しました!
最大の特徴である分離・合体機構と、スタイリッシュなプロポーションの両立を実現しています。

キットの紹介

2016年6月18日発売

[itemlink post_id=”285″]

パッケージ

中央にフォースインパルスガンダム、バックにはインパルスが分離したチェストフライヤー、コアスプレンダー、レッグフライヤー、そしてフォースシルエットを装備したシルエットフライヤーが描かれています。

説明書

説明書では武装や分離ギミック(別ページ)の紹介がされています。

完成

本体

部分塗装とつや消しで仕上げました。
すでに発売されているMGのような、スラっとしたプロポーションです。
フォースシルエットによって重心が後ろに来ますが、問題なく自立できます。
ふくらはぎ後ろのスラスターは微妙に角度を調節できます。
私は塗装しましたが、フォースシルエットの主翼と上向きの翼は赤い部分がシールでの補完となっています。
インパルスガンダムのみの状態。
背中のコアスプレンダーは1パーツ構成なので塗装が必要です。

武器装備

高エネルギービームライフルと機動防盾(シールド)を装備した状態。
青と赤の鮮やかなカラーリングが目を引きます。
コアスプレンダー
こちらも要塗装となっています。
下部にスタンド用の接続穴が開いているだけで、特にギミックはありません。
1/144スケールなだけあってかなり小さいです。

付属品

付属品です。
分離状態でのディスプレイ用にスタンドがついてたり、コアスプレンダーやシルエットフライヤーまで付属しているので付属品はとても充実しています。
インパルスガンダムの近接武器 フォールディングレイザー対装甲ナイフは付属しません。

高エネルギービームライフル、ヴァジュラビームサーベルのグリップ×2、ビームサーベルの刃×2、機動防盾(シールド)、シールド差し替え用のパーツ、シールドの接続パーツ、コアスプレンダー、コアスプレンダー(変形状態)、シルエットフライヤー、フォースシルエット、ディスプレイスタンド、ディスプレイ用接続パーツ3種

ギミック紹介

分離状態。
チェストフライヤーは接続パーツを使用してスタンドに取り付けます。
他は接続パーツを使用してもしなくても取り付け可能です。
ディスプレイスタンドはキットに1セットしか付属しません。
撮影ではスタンドをもう1つ追加で用意しました。

アクション

全体的に可動は良好です。
ヴァジュラビームサーベルを装備。
シールドはパーツ差し替えで伸縮ギミックを再現しています。
高エネルギービームライフルは腰背部にマウント可能です。

まとめ

気になった点
・上半身の重さで腰が傾きやすい(のけぞったりしてしまう)
・フォースシルエットの主翼は角度を調節できますが、何度も動かしていると緩くなってくる
・必要塗装箇所が少し多め

これらの問題は接続部分の渋みの調整で解消できそうです。

可動範囲と分離ギミックをうまく両立できており、キット自体の出来もよかったです。

元がカラフルなデザインというのもあり塗装箇所が少し多く感じましたが、それでもSEED HGのフォースインパルスよりは色分け箇所が増えていました。

また、プレミアムバンダイ限定ですが、ソードインパルス、ブラストインパルスも発売されています。

以上、ガンプラ「HGCE 1/144 フォースインパルスガンダム」のレビューでした。
最後までレビューを見ていただきありがとうございました。

[itemlink post_id=”285″]

HGCE 1/144 ソードインパルスガンダム レビュー

プレミアム バンダイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です