ガンプラ「HGAC No.239 1/144 ガンダムデスサイズ」素組みレビュー

今回紹介するガンプラは「HGAC 1/144 ガンダムデスサイズ」です。

キットの紹介

『新機動戦記ガンダムW』よりTV版「ガンダムデスサイズ」をHG1/144スケールで立体化!
■肩アーマーや膝アーマー部分のスライドギミックにより自然なポージングが可能。
■ビームサイズのエフェクトは2種類付属。
■バスターシールドのシールドの刃パーツは左右に連動展開。クリアパーツの取り付けによりビーム射出状態を再現。
■ビームサイズ収納状態を再現できるパーツが付属。リアアーマーに取付が可能。

商品ページより

2021年5月22発売
定価 1,650円

パッケージ

説明書

シール

頭部センサー類とフロントアーマーのV字はホイルシールで再現。

完成

全身

A.C.195、コロニーの一部勢力が実施した「オペレーション・メテオ」においてL2コロニーが投入したMS「ガンダムデスサイズ」

死神を彷彿とさせるフォルムをカラフルな成型色で再現しています。

内部フレームの一部にはサンドロックやヘビーアームズと同じランナーが使用されています。

背面はこんな感じ。

主兵装のビームサイズをリアアーマーにマウントしています。

ツインアイの部分は目元と同じ赤色成形となっています。

黄色い部分がパーツ分割で再現されているので見栄えは結構いい感じ。

武器装備

ビームサイズを手に持たせた状態。

マウント状態のものとは別で手持ち用が付属しています。

付属品

付属品

ビームサイズ一式、交換用左右手首×2

可動範囲

横方向の可動は平均的な範囲です。

肩アーマーに当たるので腕はあまり広げられません。

膝アーマーのロックを外すことで脚部の可動範囲が拡張されます。ちょっと嬉しいギミック。

肩関節のポリキャップは前方へ引き出すことができます。

ビームサイズを両手で構える際に重宝します。

股関節と連動して上半身を前に傾けることが可能。サンドロックなどと同じギミックです。

バックパック左右のハイパージャマー装置は角度調整ができます。

ギミック&アクション

ビームサイズ

本機の目玉であるビームサイズ。長い柄に直接持たせます。

ビームエフェクトはクリアグリーン成形のパーツ。

エフェクトは通常サイズと大サイズが付属しており、付け替えが可能。

大サイズだとより迫力のある見た目になります。

また、先端を回転させることで槍状に変化します。

収納状態のビームサイズはリアアーマーに差し込むことでマウントできます。

バスターシールド

左腕に装備しているバスターシールドは左右のパーツが連動して可動します。

バスターシールドは丸穴で接続されています。

右腕には穴がないので付け替えはできません。

展開状態のバスターシールドにはビームエフェクトを付けることが可能。

まとめ

本体の色分けがよくできていて驚きました。

可動域も広く、かっこいいアクションポーズがたくさん取れるようになっています。

元々装備の少ない機体ですが、ビームサイズの刃が2種類付属していたり、バスターシールドの連動した展開ギミックなど、プレイバリューも工夫されていると感じました。

以上、ガンプラ「HGAC 1/144 ガンダムデスサイズ」の素組みレビューでした。
最後までレビューを見ていただきありがとうございました。


関連商品

HGAC 1/144 XXXG-01W ウイングガンダム (新機動戦記ガンダムW)

HGAC 1/144 XXXG-01W ウイングガンダム (新機動戦記ガンダムW)

4,990円(02/27 00:51時点)
Amazonの情報を掲載しています