METAL ROBOT魂 <SIDE MS> ガンダムTR-1[ヘイズル改]&オプションパーツセット レビュー

今回のレビューは「METAL ROBOT魂 <SIDE MS> ガンダムTR-1[ヘイズル改]&オプションパーツセット」です。

玩具の紹介

METAL ROBOT魂にRX-121-1 ガンダムTR-1[ヘイズル改]とオプションパーツがセットになって登場。

豊富な装備により、RX-121-1 ガンダムTR-1[ヘイズル改]、RX-121-1 ガンダムTR-1[ヘイズル改]サブ・アーム・ユニット装備、RX-121-1 ガンダムTR-1[ヘイズル改]高機動仕様の3形態を再現可能。

関節を中心として各部にダイキャストを使用し、重量感と高級感を演出。
さらに特徴的な各マーキングもタンポ印刷により再現。
肩部は差し替えにより、グレネードランチャーとフォールディング・グリップに切り替えが可能。

また、ボーナスパーツとしてビーム・サーベルが追加で2本付属。
各武装を組み合わせる事で様々なバリエーションの装備形態を楽しむことができます。

商品ページより

2022年3月発売(魂ウェブ商店限定)
定価 14,850円

パッケージ

※開封品のため、付属品の位置などが未開封品と異なる場合があります。

説明書

説明書はモノクロの両面印刷です。

全身

本体

ジオン公国軍残党との戦闘で大破したガンダムTR-1[ヘイズル]を改修・強化して生まれた機体「ヘイズル改」

フレームはダイキャスト素材となっており重量感があります。
各部に程よくマーキングが施されています。

バーニアの金属感がたまりません。

比較:HGUC No.56 RX-121-1 ガンダム TR-1[ヘイズル改]

ガンプラのHGUC版と比較するとかなり細身にアレンジされていることが分かります。

武器装備

ビーム・ライフルとシールドを装備した状態。

付属品

付属品

ビーム・ライフル、シールド、シールドブースター×3、サブ・アーム・ユニット、肩部グレネードランチャー、フォールディング・グリップ、交換用左右手首×3、ビーム・サーベル×3、専用台座、ジョイント

各部アップ

基本的に全塗装されています。
白い装甲には2色使用されています。

頭部アンテナは破損注意。

赤のワンポイントがいいアクセントになっています。

接地性もかなりいい感じ。

可動域

横方向の可動はかなり広め。

肘と膝はこんな感じ。
リアアーマーが固定なので脚はあまり後ろに動かせません。

膝立ちも問題なく可能です。

膝を曲げたときに中のパーツがせり出てくるギミックがあります。
隙間が出来ないように工夫されていて、面白いポイントですね。

バックパックやバーニアは可動します。

本体をディスプレイ可能な台座が付属。

本体の股下へ接続するためにジョイントを使用します。

台座を使用するとこんな感じになります。
高さや角度も調整できるので便利です。

アクション&ギミック

ビーム・ライフル

近接戦闘時の取り回しに配慮されたショートバレルタイプのビーム・ライフル。

ビーム・ライフルはグリップが可動し、両手で構えることもできます。

サイドアーマーの予備カートリッジは取り外しできます。

ちなみにライフルのカートリッジは外せません。

グレネードランチャー

肩部のパーツを差し替えることでオプション兵装のグレネードランチャーを再現。

ビーム・サーベル

ビーム・サーベルはバックパックに1本装備されています。
クリアピンクのビームエフェクト部分にはシルバーのグラデーションが薄くかかっています。

サブ・アーム・ユニットでも使用できるため、このセットには合計3本が付属しています。

シールドブースター

通常のシールドと同様にシールド・ブースターも装備可能。

同じジョイントを使用しているためシールドの接続方法は共通です。

シールド用のジョイントは合計3つ付属しているので、両腕にシールド・ブースターを装備することも可能です。

シールド・ブースターをバックパックに付ける場合は右側のジョイントを使用します。

3枚のシールド・ブースターを装備した高機動形態。

肩部のパーツを差し替えることで高機動形態時に腕部を固定するためのホールディング・グリップを再現。

サブ・アーム・ユニット

股間のパーツを外して、サブ・アーム・ユニットを取り付けます。
外したパーツはサブ・アーム・ユニットの上に付け直します。

サブ・アーム・ユニット装備状態。

サブ・アーム・ユニットは展開可能で、ビーム・サーベルを直接持たせることができます。

3本のビーム・サーベルを装備した状態。

まとめ

現状でヘイズル改のアクションモデルとしては決定版といってもいいクオリティだと思います。

可動や造形面で特に不満点はありませんでした。
HGUCののようなマッシブさは減りましたがその分スタイリッシュになっており、アクションポーズもかっこよく決まるようになっています。

頭部アンテナは折れないようにかなり気をつかいながら動かしました。
欲を言えば万が一に備えて予備のアンテナが欲しかったかも。

プレイバリューも高めで、シールドブースターが3枚付属しているので高機動形態まで楽しむことができます。
今後もオプションパーツやTRシリーズが発売されるのでさらに遊び幅が広がりそうですね。

以上、「METAL ROBOT魂 <SIDE MS> ガンダムTR-1[ヘイズル改]&オプションパーツセット」のレビューでした。
最後までレビューを見ていただきありがとうございました。

関連商品

機動戦士Zガンダム外伝 ティターンズの旗のもとに 上巻 ADVANCE OF Z

機動戦士Zガンダム外伝 ティターンズの旗のもとに 上巻 ADVANCE OF Z

今野 敏
871円(09/26 22:24時点)
発売日: 2013/12/10
Amazonの情報を掲載しています