超進化魂 デジモンアドベンチャー 03 ディアボロモン レビュー

プレミアム バンダイ

「超進化魂」第3弾として「ディアボロモン」が登場しました。

顔、胸パーツ、強度が必要な股関節などにダイキャストを使用しメタル感が強調されています。

オプションとして付属する時計にダイキャスト、台座にはクリアパーツが使用されています。

玩具の紹介

2018年3月24日発売

パッケージ

※開封品のため、付属品の位置などが未開封品と異なる場合があります。

パッケージは描きおろしです。

裏面にはダイキャストやメッキ加工の部位も記載されています。

説明書

変形手順はディアボロモンモン→ケラモンのみ。

両面を使って解説しているため、分かりやすい内容となっています。

文字で補足が書かれている点もありがたいです。

ケラモン

本体

成長期の姿 ケラモン

特徴的な外見をそれなりに再現できています。

後ろ姿はディアボロモンの名残が残っています。

ディアボロモン

本体

究極体の姿 ディアボロモン

正面から見た感じはかなりいいです。

後ろから見るとケラモンの明るい紫の成形色が散見されます。

付属品

今回、ディスプレイスタンドと時計が付属します。

時計はダイキャスト製です。

各部アップ

ディアボロモンの凶悪そうな顔が表現されています。

ツメはすべて独立で可動します。

足の接地性は悪くありませんが、接地面積が少ないためスタンド無しで立たせる場合はコツがいります。

アクション

手足をまっすぐに延ばすとこんな感じになります。

トケイヲ モッテイルノハ ダーレダ?

比較:超進化魂 アグモン&ガブモン

腕以外のディアボロモンの体を下半身に集約しており、アグモンやガブモンよりも背が高くなっています。

手足が細いためディアボロモンは他の2匹と比べると少し小さく感じます。

まとめ

付属のスタンドはディアボロモンをしっかりと固定してくれないため、あまり使い勝手がよくありません。

正面から見たディアボロモンの造形はよくできており、可動範囲もかなり優秀です。

ケラモンからディアボロモンへの変形ギミックもよく考えられていると思いました。

以上、「超進化魂 デジモンアドベンチャー 03 ディアボロモン」のレビューでした。
最後までレビューを見ていただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です