オルタニティ A-01 NISSAN GT-R / コンボイ バイブラントレッド レビュー

プレミアム バンダイ

NISSAN GT-Rがコンボイに変形します。

コレクタブルサイズの1/32スケールモデルでオート変形機構を取り入れており、手軽に変形を楽しめます。

ダイキャストを用いて重量感を演出されており、カラーリングはコンボイをリスペクトしたバイブラントレッドで仕上げられています。

また、いくつかカラーバリエーションがあり、他にもシルバーを基調としたアルティメイト メタルシルバーと、ネメシスプライム風のスーパーブラックが発売されています。

YouTubeに動画版をアップしています

玩具の紹介

2009年2月26日発売

[itemlink post_id=”548″]

パッケージ

ミニカーのパッケージ風になっています。
実車をモデルにしていることもあって面白い試みだと思いました。
裏面には商品の説明が記載されています。
黒い背景に赤が映えますね。

説明書

説明書にはオルタニティやNISSAN GT-Rについての解説が記載されています。
裏面は変形手順が解説されています。

全身

ビークルモード

ビークルモードは赤いGT-Rです。
クリアパーツも各所に使用されており、かなりリアルに仕上がっています。
ロボットモードへ変形!
オート変形機構は車体を起こすときの胴体で機能します。

ロボットモード

ロボットモード。
なかなかシャープなコンボイ顔です。
後ろ姿はボンネットが目立っています。

武器装備

対ハイセリオン徹界タキオンブラスター。
過去や未来、または別世界にいる標的を狙撃可能な超遠隔射程武装です。
なにこれ怖い……

各部アップ

上半身。
ドアが肩になり、シート部分が腕になります。
足はかなりクセのある変形をします。
足首はボールジョイントで動かせます。
背中にはずっしりとダイキャストのパーツが来ます。

ギミック紹介

左右のドアは開くことができます。
シートだけでなく、ハンドルなどもしっかりと造形されています。
頭部には集光ギミックがあり、上から光を当てると目が光ります。

アクション

武装はタキオンブラスターのみですが、両腕から展開できます。
腰が固定なのでポージングは少し窮屈に感じました。
肩と腕も結構干渉します。

まとめ

気になった点
・これは関節の経年劣化もあると思いますが、ダイキャストパーツが腰や背中に使用されており重さに耐えられず傾いてしまうときがある
・肩の位置が後方にあるので腕を前に出したときに短く見える
・武装の少なさ
・腰が可動しない
・足側面がそのまんまパーツを裏返した見た目になっている

派手なアクションは難しいですが、立たせておく分には問題はありませんでした。ビークルモードの出来も素晴らしいので、GT-Rの状態で飾るのも普通にアリだと思います。

程よい変形難易度で、コンボイらしさもうまく落とし込めています。

以上、トランスフォーマー「オルタニティ A-01 NISSAN GT-R / コンボイ バイブラントレッド」のレビューでした。
最後までレビューを見ていただきありがとうございました。

[itemlink post_id=”548″]

プレミアム バンダイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です