HGCE 1/144 ソードインパルスガンダム レビュー

プレミアム バンダイ

接近戦仕様のユニット「ソードシルエット」を新規造形で再現しています。

背負った2本のエクスカリバーレーザー対艦刀や、ビームブーメランといった特徴的な武器が付属しています。

優れた可動域を持つHGCEキットで、幅広いポージングを楽しむことができます。

さらに、イメージポージング用のエクスカリバーが付属し、劇中でも印象的な巨大な対艦刀を構えた姿を再現できます。

ポージング用のエクスカリバーは先端部分が大きく、迫力あるディスプレイが可能です。

また、フリーダムガンダムVSインパルスガンダムの対決シーンを再現できるパーツも付属しています。

キットの紹介

2016年12月16日発売 (プレミアムバンダイ限定)

[itemlink post_id=”410″]

パッケージ

プレミアムバンダイ限定商品であるこの商品のパッケージはシンプルな赤色で統一されています。

説明書

説明書は両面モノクロです。
HGCE フォースインパルスガンダムのときにあった、武装やギミックの紹介も省略されています。
最後には塗装用のカラーチャートが記載されています。

完成

本体

部分塗装とつや消しで仕上げました。
インパルスガンダム本体は、HGCE フォースインパルスガンダムと同じ形状です。
背面にはエクスカリバー レーザー対艦刀やフラッシュエッジビームブーメランが装備されています。
シールで補えますが、塗装箇所はやや多めです。
インパルスガンダムのみの状態。
背中のコアスプレンダーは1パーツ構成なので塗装が必要です。

武器装備

高エネルギービームライフルと機動防盾(シールド)を装備した状態。
コアスプレンダー
こちらも要塗装となっています。
下部にスタンド用の接続穴が開いているだけで、特にギミックはありません。
1/144スケールなだけあってかなり小さいです。

付属品

付属品です。
分離状態でのディスプレイ用にスタンドがついてたり、コアスプレンダーやシルエットフライヤーまで付属しているので付属品はとても充実しています。
HGCE フォースインパルスガンダムとHGCE フリーダムガンダムに使用する、シーン再現用のパーツも付属しています。
インパルスガンダムの近接武器 フォールディングレイザー対装甲ナイフは付属しません。

高エネルギービームライフル、エクスカリバー レーザー対艦刀の刃×2、フラッシュエッジビームブーメランの刃×2、エクスカリバー レーザー対艦刀(イメージポージング用)、フリーダムガンダム胴体(シーン再現用)、機動防盾(シールド)、シールド差し替え用のパーツ、シールドの接続パーツ、コアスプレンダー、コアスプレンダー(変形状態)、シルエットフライヤー、ソードシルエット、ディスプレイスタンド、ディスプレイ用接続パーツ3種

各部アップ

フォースインパルスガンダムより赤の主張が強くなっています。
エクスカリバー レーザー対艦刀は棒軸でバックパックに取り付けます。

ギミック紹介

分離状態。
チェストフライヤーは接続パーツを使用してスタンドに取り付けます。
他は接続パーツを使用してもしなくても取り付け可能です。
ディスプレイスタンドはキットに1セットしか付属しません。
撮影ではスタンドをもう1つ追加で用意しました。

アクション

高エネルギービームライフルを装備した状態。
全体的に可動は良好です。
シールドはパーツ差し替えで伸縮ギミックを再現しています。
フラッシュエッジビームブーメランにはビームエフェクトを取り付けられます。
エクスカリバー レーザー対艦刀を持たせる際にはビーム刃を取り付けます。
柄同士を連結させることで「アンビデクストラスフォーム」を再現できます。
イメージポージング用のエクスカリバー レーザー対艦刀は劇中でも印象的な、巨大な対艦刀を構えた姿を再現できます。

シーン再現

HGCE フリーダムガンダム用に、エクスカリバー レーザー対艦刀を挟み込める胴体が付属しています。
そして、イメージポージング用のエクスカリバー レーザー対艦刀をHGCE フォースインパルスガンダムに持たせることで、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』第38話のシーンを再現できます。
フォースインパルスガンダムVSフリーダムガンダム 劇中の対決シーン!

HGCE 1/144 フォースインパルスガンダムのレビュー

HGCE 1/144 フリーダムガンダムのレビュー

まとめ

気になった点
・必要塗装箇所の多さ

ソードシルエットの必要塗装箇所が多く感じました。シールでカバーできるように配慮されていましたが、イメージポージング用のエクスカリバーはそのままだと真っ白の状態です。こちらはビーム部分が白色成形なのもちょっと残念なポイントです。

とはいえ、遊びの幅が広がるイメージポージング用のエクスカリバーや、フリーダムガンダムとの対決を再現できるパーツが付属しているのは嬉しかったです。

以上、ガンプラ「HGCE 1/144 ソードインパルスガンダム」のレビューでした。
最後までレビューを見ていただきありがとうございました。

[itemlink post_id=”410″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です