HGCE 1/144 ストライクフリーダムガンダム レビュー

プレミアム バンダイ

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』より「ストライクフリーダムガンダム」がHGCE化しました。

HGCEシリーズならではの洗練されたスタイリッシュなデザインに加え、可動域が向上したことによりハイマット・フルバーストモードが再現可能になっています。

腰部レールガンは前方へはもちろん、腰裏へも可動します。

スーパードラグーンは着脱可能で、連結可能なビームライフルをはじめ、多彩な武装も付属しています。

キットの紹介

2016年11月12日発売

[itemlink post_id=”231″]

パッケージ

パッケージにはスーパードラグーンを展開したフルバーストモードが描かれています。

説明書

説明書では多彩な武装の紹介がされています。

完成

本体

今回は部分塗装とつや消しで仕上げました。
付属シールは頭部のセンサー類のみ使用しています。
バックパック中央のスラスターの内側や、ウイングの金色の部分などは塗装しています。

武器装備

二丁の高エネルギービームライフルは両手に装備できます。
HGCE フリーダムガンダムほどではないですが、重心が後ろによっているので転倒に注意が必要です。

付属品

付属品はこのようになっています。

平手×2、高エネルギービームライフル×2、ビームシールドのエフェクト×2、シュペールラケルタビームサーベルのグリップ×2、ビームサーベルの刃×2

各部アップ

基本的な可動はフリーダムと同じくらいですが、太腿のロールが装甲に多少干渉してしまい制限があります。
また、腰にマウントしているシュペールラケルタビームサーベルが外れやすいです。
接地性は十分です。

ギミック紹介

脚部後方のスラスターが開閉できます。
バックパックのウイングは大きく展開させることができます。
高エネルギービームライフルには連結ギミックがあり、差し替えなしで再現できます。

アクション

フリーダム同様、アクションスタンドを用いたポージングが映えます。
ただ、脚部の装甲の干渉のせいで足が広げにくくなっています。
高エネルギービームライフルを連結したロングレンジ・ビームライフル。
カリドゥス複相ビーム砲も展開したフルバーストモード。
本来はここにバックパックのスーパードラグーンも展開しますが、保持できるアームがないため省略しています。
スーパードラグーンはすべて着脱可能です。
ビームシールドは腕に装備させることができます。
シュペールラケルタビームサーベルは2本を連結させることができます。

まとめ

気になった点
・ビームサーベルのマウントが緩く外れやすい
・胸部コックピットハッチに当たるパーツが外れやすい
・ビームライフルとそのグリップ部分の軸接続が緩く、ちょっとしたことで傾いて銃口が下がってしまう

全体的な出来はいいのですが、細かい部分が気になってしまいもったいないと感じました。

パーツの渋みの調節をすることでおおむね改善できますので、そこに手を加えていけばグッと良くなると思います。

SEED HGのずっしりとした造形を知っている身としては、今回のスマートなプロポーションがとてもかっこよく見えました。

以上、ガンプラ「HGCE 1/144 ストライクフリーダムガンダム」のレビューでした。
最後までレビューを見ていただきありがとうございました。

[itemlink post_id=”231″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です