MG 1/100 ガンダム〔Ver.ONE YEAR WAR 0079〕アニメーションカラー レビュー

今回紹介するガンプラは「MG 1/100 ガンダム〔Ver.ONE YEAR WAR 0079〕アニメーションカラー」です。

キットの紹介

高い完成度で支持を得ている“RX-78-2 ガンダム Ver.O.Y.W.0079”に、アニメ劇中での設定色を意識したバージョンが登場!
腹部、腰、足底の可動により多彩なポーズジングを実現 股関節フレームが前後にスライド、自然な立て膝もポージング可能
ビーム・ライフル、ハイパー・バズーカ、ビーム・サーベル×2、ガンダムハンマー、シールドが付属

商品ページより

2007年7月発売
定価 3,520円

パッケージ

パッケージはガンダムがザクをビーム・サーベルで両断するイラスト。アニメ第一話「ガンダム大地に立つ!!」のシーンをイメージした構図となっています。

説明書

シール

ホイルシール、マーキングシール、ガンダムデカールが付属。

今回は使わず、部分塗装で仕上げています。

完成

本体

本キットは2005年に発売された「MG 1/100 ガンダムVer.O.Y.W.0079」を元にアニメ劇中での設定色を意識したバージョンです。

元キットはプレイステーション2用ソフト「機動戦士ガンダム 一年戦争」に登場するガンダムをイメージしたキットとなっており、ゲームのモデルに合わせた低い落ち着いたカラーでしたが、今回はアニメのガンダムらしい鮮やかなイメージで仕上がっています。

白い部分はやや緑がかった成形色となっています。付属品やギミック等は変更ありません。

背面。

バックパックや後腰部には装備をマウントするための穴が空いています。

頭部のカメラやバルカンは塗装しています。

ディテールは細かいですが、頭部の形状や全体のプロポーションはスタンダードなガンダムといった印象。

分割線が出ていますが横顔もかっこいいです。

武器装備

ビーム・ライフルとシールドを装備。

武器は手のひらにある突起に差し込んで保持しているので、安定して持たせることができます。

付属品

付属品

ビーム・ライフル、ハイパー・バズーカ、ビーム・サーベル×2、ガンダム・ハンマー、シールド、パイロットフィギュア

可動範囲

腕はかなり自由に動かせますが、脚はあまり動きません。

この脚部には2000年に発売された「MG 1/100 RX-78-2 ガンダム ver1.5」の一体成型フレームが使用されており、それ故にやや物足りない可動域となっています。

肘と膝は二重関節ですが、ここでも上下で可動域の差が出ています。

肩部は前方向にも少し動かせます。

バックパックのバーニアやビーム・サーベルの基部はそれぞれ可動します。

股関節は前方に動かすことができます。

ver1.5のフレームを使っていることで、装甲の開閉ギミックが今回もできるようになっています。

膝立ちは安定して決まります。
腰のアーマーはフロント・サイド・リアすべて可動するので股関節の前後の可動は問題ありません。

つま先も可動します。

アクション&ギミック

ビーム・ライフル

主兵装のビーム・ライフル。
スコープと前グリップが可動します。

両手で構えることも可能です。

側面の突起を起こすことで後腰部にマウントできます。

ハイパー・バズーカ

ハイパー・バズーカを装備。
パッケージや説明書では白で塗り分けられていますが、未塗装の場合はグレー一色です。

グリップの角度は固定されていますが、腕の可動がいいので問題なく構えることができます。

側面の突起を起こすことで後腰部にマウントできます。

シールド

シールドは用途に合わせてグリップの位置や形状を変えることが可能です。

グリップを畳むことでシールドをバックパックに懸架できます。

シールド裏には各武器をマウントすることも可能です。

ビーム・サーベル

バックパックに2本収納されているビーム・サーベルは手に持たせることができます。
クリアピンク成形のエフェクトパーツをつけて発振状態に。

エフェクトパーツはやや反った形状なので動きのある斬撃シーンが再現できます。

ガンダム・ハンマー

インパクト抜群なガンダム・ハンマーも付属。

チェーンはプラパーツで自由に動きます。

ガンダム・ハンマーは「MG 1/100 RX-78-2 ガンダム ver1.5」に付属していたものと同じです。
そのためハンドパーツの突起には対応しておらず、安定した保持はできません。

また、同じくver1.5に付属していたビーム・ジャベリンはありません。

パイロットフィギュア(アムロ・レイ)

同スケールのアムロ・レイのフィギュアが付属。
フィギュアは白色成形で、今回塗装しています。

ガンダムとのサイズ差はこんな感じ。

胸部ハッチを開くとコア・ブロックが見えます。
本キットではコア・ブロックの分離やコア・ファイターへの変形はできません。

まとめ

見た目はマスターグレードで発売されたRX-78-2の中でもかなり好みの部類です。
プロポーションも悪くなく、武装も豊富に付属しています。

これまでにあったコア・ブロック及びコア・ファイターのギミックはオミットされていますが、その分腰をひねることができるようになりました。

難点はやはりver.1.5から流用された脚部フレームのせいで下半身の可動域が物足りないところでしょうか。

以上、ガンプラ「MG 1/100 ガンダム〔Ver.ONE YEAR WAR 0079〕アニメーションカラー」のレビューでした。
最後までレビューを見ていただきありがとうございました。

関連商品

機動戦士ガンダム 一年戦争

機動戦士ガンダム 一年戦争

1,709円(04/12 22:16時点)
Amazonの情報を掲載しています