MG 1/100 ガンダムNT-1 Ver.2.0 レビュー

プレミアム バンダイ

今回紹介するキットは「MG 1/100 ガンダムNT-1 Ver.2.0」で、過去に発売されたMG版から20年ぶりのリメイクとなります。
スミ入れ、部分塗装、つや消しトップコートで仕上げました。
旧MG版との比較もあります。

キットの紹介

2019年6月29日発売
定価 6,380円

『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』よりガンダムNT-1がVer.2.0で登場!
■劇中のイメージを踏襲したプロポーションとディテール。多重構造により、内部フレームやアーマーの内壁までも再現。
■肩関節のシーリングには、ビニール素材を採用することで“シワ”の質感を再現。
■MGオリジナルギミックとして、チョバム・アーマー装着時、シールド携行時のガトリング展開が可能。
■チョバム・アーマー装着時のスラスター展開を再現。
■劇中再現用の「折れたブレードアンテナ」と、ボーナスパーツとして「BB戦士 ガンダムNT-1」のオリジナルギミックだった「ヘッドギア」が付属。

パッケージ

説明書

完成

本体

一部に付属のホイルシールとマーキングシールを使用しています。

武器装備

ビーム・ライフルとシールドを装備した状態。

シールドには後ろ側から手に持たせるグリップが付いていますが、シールド自体は腕側面でしっかり接続されているのでグリップを持たせなくても保持できます。

付属品

付属品です。
チョバム・アーマー一式、ブレードアンテナ (破損状態)、ビーム・サーベルの刃×2、ビーム・ライフル×1、シールド、ハイパー・バズーカ×1、アル&バーニィのフィギュア、スタンド用接続パーツ、交換用左右指パーツ×3

各部アップ

バックパックのバーニアや腕部のガトリングにはシルバー調のパーツが使用されています。
肘関節の一部などにはガンダムマーカーのシャインシルバーでワンポイントを入れたりしました。
肩関節部分はビニール素材によってシーリングのシワが表現されています。

コクピット用のパイロットフィギュアのほかに、アルとバーニィが付属しています。

可動範囲

横への可動範囲はこのくらいです。
サイドアーマーがなければもっと脚を開くことが可能です。

腰部には前後の可動もあります。

肘と膝は二重関節になっておりかなり曲がります。

リアアーマーも可動しますが、左右一体になっています。

膝立ちポーズも難なく可能です。

フロントアーマーはかなり上まで上がります。

アクション&ギミック

ビーム・ライフルはカートリッジを外すことが可能です。

ハイパー・バズーカは接続ピンを起こして、リアアーマーにマウントすることが可能です。

ハイパー・バズーカを装備。

ハイパー・バズーカには「MG 1/100 RX-78-2 ガンダム Ver.3.0」のパーツが一部使用されています。
RX-78-2のビーム・ライフルも余剰パーツで組み立てることが可能ですが、センサー部分のクリアパーツのみ不足します。

シールド携行時にガトリングを展開することも可能です。
シールドの青いパーツが動いて、奥から腕部が出てきます。

劇中再現用の「折れたブレードアンテナ」が付属しており、付け替えることが可能です。

ビーム・サーベルはバックパックから抜いて持たせます。

ビーム・サーベルの柄にはハンドパーツに差し込むような突起はありませんが、しっかりと保持できます。

広い可動域とビーム・サーベルは相性ばっちりです。

チョバムアーマー

全身

チョバムアーマーを装着した状態。

各部アップ

アクション&ギミック

チョバムアーマーの各部ハッチは開閉が可能です。

可動は制限されますが、それなりに動かすことが可能です。
シールドは携行不可ですが、ビーム・ライフルやハイパー・バズーカ、ビーム・サーベルは持たせることができます。

チョバムアーマー内部のフレームパーツも再現されており、容易にパーツを分解することが可能です。

劇中には登場しなかった頭部用のパーツも付属しています。
これは「BB戦士 ガンダムNT-1」のオリジナルギミックだった「ヘッドギア」を再現したものとなっています。

比較

MG 1/100 ガンダムNT-1(旧版)

通常

旧版はがっしりした体系でしたが、Ver.2.0では細めになりました。
青や黄の成形色も若干違っています。

チョバムアーマー装備

Ver.2.0では上腕や太腿の露出が減り、よりアーマーを着込んでいるような見た目になっています。
チョバムアーマーの成形色もグレーから青系に変わりました。
内部フレーム再現の有無も大きな違いですね。

まとめ

従来のNT-1からオリジナルの解釈やギミックが多数追加されていました。
もちろんスタンダードなNT-1として遊ぶこともできます。
可動範囲も優秀で、フロントアーマーの可動方式はこの機体ならではだと思います。
「MG 1/100 フリーダムガンダム Ver.2.0」のような派手なアレンジはありませんが、安定したスタイルのキットです。

以上、ガンプラ「MG 1/100 ガンダムNT-1 Ver.2.0」のレビューでした。
最後までレビューを見ていただきありがとうございました。


関連商品


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です