S.H.Figuarts 仮面ライダースペクター レビュー

S.H.Figuartsで発売された「仮面ライダースペクター」のレビューです。

ガンガンハンドはグリップ部分である「フォアエンドコンプレッサー」や、先端の「クラッシュフィンガーズ」が可動します。

差し替えパーツでフードを被っている状態を再現可能です。

玩具の紹介

2016年5月21日発売

パッケージ

※開封品のため、付属品の位置などが未開封品と異なる場合があります。

説明書

全身

本体

付属品

各部アップ

頭部前面や胸部には一部塗装されたクリアパーツが使用されています。

パーカー部分は軟質パーツです。

接地性も問題ありません。

アクション&ギミック

ガンガンハンド ロッドモード。

ガンガンハンド 銃モード。

差し替えなしで変形します。

頭頂部にあるカバーを外すと接続穴が出てきます。

通常のフードを外した状態。

交換用フードは頭頂部の穴に差し込みます。

フードは頭頂部のみで固定されているので頭は動かせます。

初回特典で付属するアイコンを手に持たせることが可能です。

写真はスペクターゴーストアイコン。

特にギミックはありませんが、ゴーストドライバーの半透明カバーは取り外すことが可能です。

まとめ

鮮やかなメタリックブルーの塗装がきれいです。

特に不満点はなく、うまくまとまっていると思いました。

ガンガンハンドの変形やフードの交換など、やりたいことはすべて詰め込まれています。

パーカーによる可動範囲の妨げも殆ど気にならず、ポージングが自由にできるのでストレスもありませんでした。

以上、「S.H.Figuarts 仮面ライダースペクター」のレビューでした。
最後までレビューを見ていただきありがとうございました。

投稿は見つかりませんでした

プレミアム バンダイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です