S.I.C. 極魂 仮面ライダーブレイド レビュー

「極魂」シリーズ「仮面ライダーブレイド」を紹介します。

細やかな甲冑のディティールが120mmのサイズながらも造形されています。

ブレイラウザーの通常時とラウズカード展開時の2形態武器付属により、劇中のシーンを幅広く再現できます。

玩具の紹介

2010年2月20日発売

説明書

全身

本体

頭部のツノの外部分はクリア成形になっています。

付属品

付属品です。

左右ともに武器持ち手がありますが、持ち方の造形が微妙に異なります。

差し替えでラウズカードの展開状態を再現できます。

各部アップ

甲冑部分は左右非対称のディテールになっています。

接地性はそこそこ。

アクション

ブレイラウザーを持たせた状態。

柄の部分が手の中で回転しやすいです。

大腿部のパーツが干渉するので大きく足を開くことはできません。

左手で持たせることもできます。

こちらは指で挟むような持ち方になるので、柄部分が回転することもありません。

ラウズカードの部分を差し替え。

腰をひねり足を前後に動かしてごまかすも、やはり厳しい。

ライトニングブラスト

まとめ

とにかく造形がかっこいいです。

ブレイドと怪人の要素がいいバランスで溶け込んでいます。

気になった点といえば足回りの可動でしょうか。腰を落としたポーズが取れないので、必殺技前の溜めの表現がうまくできません。

デザインの問題ですが、肩アーマーの干渉で腕にもそれなりに可動制限があります。

ブレイラウザーは差し替えで2つの状態を再現できるので、ここは良かった点です。

解釈によってオミットされたのか、ブレイラウザーを収納するホルダーはありませんでした。

以上、「S.I.C. 極魂 仮面ライダーブレイド」のレビューでした。
最後までレビューを見ていただきありがとうございました。

プレミアム バンダイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です