トランスフォーマー ビーストウォーズ D-17 デストロン親衛隊長 オートスティンガー レビュー

プレミアム バンダイ

今回は「ビーストウォーズII」に登場したデストロン オートローラーズの親衛隊長「オートスティンガー」を紹介します。

前に走らせることで、ダンプからロボットへ自動変形します。
オートスティンガー単体だけでなく、過去に因縁があるインセクトロンの「ビッグモス」と対決セットとしても販売されました。

1994年に海外で発売された「デストロン資材輸送兵 ダートバグ」のリカラーです。

玩具の紹介

1998年4月発売

全身

ビークルモード

ビークルモードは黄色いダンプカーです。

後輪は滑りにくいように一部ゴム素材が使用されています。

コロ走行させるときは後部の黒いレバーを左に入れておきます。

本来は紫色のミサイルが付属しており、スプリングによる発射ギミックがありましたが紛失しています。

トランスフォーム

レバーを右に入れると、前進させた際にギアが連動するようになります。

このまま前進させると自動で車体が前に伸び、起き上がります。

ロボットモード

動かせるのは腕のみで、頭部や下半身の可動はありません。

背中にはデストロンのエンブレムシールがはられています。

各部アップ

頭のバイザーにはクリアパーツが使用されており、胸の中央には「TFORM」の文字があります。

見えにくいですが黄色いボディには細かいモールドが掘られています。

右腕に差し込んだミサイルは、右腕側面のスイッチを押すことで発射することができます。

ギミック紹介

左腕のハサミは左腕側面のツメを上下に動かすことで開閉します。

まとめ

本体の可動箇所は少なめです。

しかし、オートローラーズの特徴である自動変形や左腕の可動ギミック、今回は紹介できませんでしたがミサイルの発射ギミックなど、プレイバリュー自体は悪くありません。

以上、「トランスフォーマー ビーストウォーズ D-17 デストロン親衛隊長 オートスティンガー」のレビューでした。
最後までレビューを見ていただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です