HGUC 1/144 ヴィクトリーガンダム レビュー

『機動戦士Vガンダム』より主人公機「ヴィクトリーガンダム」がHGUCで登場しました。

MSとしては小型ながらも1/144スケールでディテール豊かに再現され、HG最新フォーマットによる高い可動性能を楽しめます。

クリアパーツ製のビーム・サーベルやビーム・シールドなど多彩な武器だけでなく、さらに同スケールのコア・ファイターも付属します。

キットの紹介

2013年11月21日発売

パッケージ

説明書

完成

本体

スミ入れ、部分塗装、つや消しトップコートで仕上げました。

バックパックのスラスターは常に開いた状態で、可動はしません。

武器装備

ビーム・ライフルを装備した状態。

付属品

付属品です。

ビーム・ライフル、ビーム・サーベルの刃×2、ビーム・サーベルの刃(ハリセン状)、ビーム・シールド、ビーム・サーベルの柄×2、コア・ファイター

各部アップ

全身にハードポイントがありますが、武装の取り付けはできなくなっています。

肘の関節はもともとグレーの成形色でしたが、設定画に合わせて白で塗装しています。

接地性はそれなりです。

コア・ファイター

コア・ファイターが付属しています。

スタンド取り付け用の穴はありません。

コア・ファイターのガンダムヘッドは下部分が造形されていないダミーとなっています。

アクション

それなりに動かせます。

大腿部の形状が独特なため、膝関節の引き出しもかなり大きくなっています。

肘にビーム・シールドのエフェクトを取り付けた状態。

ビーム・サーベルを装備。

ビーム・サーベルの柄は本体に収納することはできません。

ハリセン状のビーム・サーベルエフェクトも付属しています。

まとめ

肘の関節が成形色のままだとグレーなのが少し気になりました。

小型MSという設定のため1/144スケールながらも他のMSと比べると小さいです。

それでも可動はしっかりとしますし、造形もよくできていると思いました。

武装もいろいろあり、コア・ファイターまで付属しているのは嬉しいポイントです。

以上、ガンプラ「HGUC 1/144 ヴィクトリーガンダム」のレビューでした。
最後までレビューを見ていただきありがとうございました。

プレミアム バンダイ