HGBF 1/144 アメイジングストライクフリーダムガンダム レビュー

プレミアム バンダイ

HGBFシリーズでキット化された、『ガンダムビルドファイターズ』公式外伝「ガンダムビルドファイターズA-R」に登場するユウキ・タツヤの新機体「アメイジングストライクフリーダムガンダム」を紹介します。

人気MS「ストライクフリーダムガンダム」が、HGBFならでのアレンジでカスタマイズされています。

着脱式のヴレイブドラグーンは、マウント部が可動式になっており、射出形態やライフルに装備させることも可能です。

背部レールガンには可動ギミックも実装されています。

キットの紹介

2017年3月11日発売

パッケージ

説明書

説明書では武装や、ユウキ・タツヤの歴代愛機が紹介されています。

完成

本体

部分塗装とつや消しで仕上げました。
各部にストライクフリーダムの要素は残っていますが、シルエットが大きく変わっています。
また、特徴的だった金色の関節も赤色に変更されています。
アメイジングストライクフリーダムの武装が集約されています。
普通に立たせる分には、倒れる心配はなさそうです。

武器装備

ビームライフルを装備した状態。
ライフルの両側面にヴレイブドラグーンが装備されており少し重たいですが、しっかりと持ち手で保持できます。
腰背部にビームサーベルが2本マウントされていますが、本キットにビーム刃は付属していません。
HGCE ストライクフリーダムガンダムなどから流用することは可能です。

付属品

付属品はこのようになっています。

平手×2、ビームライフル

ギミック紹介

HGCE ストライクフリーダムガンダムと同様に脚部のスラスターを開閉できます。
ビームライフルや、バックパックのヴレイブドラグーンはすべて着脱可能です。
バックパックのドラグーンウェポンバインダーは両腕に装備することができます。
HGCE ストライクフリーダムガンダムでビームシールドを取り付ける手順と同様に、赤いパーツを取り外して接続します。

アクション

背部のビームキャノンや、腰のレールガンも展開した状態。
ヴレイブドラグーン発射状態。
武装が全く違うので、ポージングのイメージもストライクフリーダムと変わってきます。

まとめ

パーツが変わったことによって、HGCE ストライクフリーダムガンダムに見られた不満点がほとんど解消されていました。

ただ、バックパックが背中から外れやすい点だけ気になりました。場合によっては接着してしまうのもありかと思います。

共通のパーツも多いですが、ストライクフリーダムとはかなり違った印象を受けました。個人的にかなりかっこいいアレンジがされていてると思います。

武装のバリエーションが多いのもいいですね。

以上、ガンプラ「HGBF 1/144 アメイジングストライクフリーダムガンダム」のレビューでした。
最後までレビューを見ていただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です